TOP > プロジェクト

Projectプロジェクト

受託開発の流れ

CLONAではご依頼内容から、品質・納期・コストでベストなパフォーマンスを発揮できるスタッフを編成し、最後までお付き合いさせていただきます

  •   1  案件受託・要件定義
    お問い合わせフォームよりご連絡ください。折り返し、担当者よりご連絡致します。打合せでお客様の要件のヒアリングを行い、実装すべき機能や満たすべき 性能などを明確にし、具体的なプランをご提案致します。
  •   2  システム設計
    ヒアリングした内容を元に、サイトのデザインや操作性をはじめ、 システム全体の構成など、詳細にわたって設計を行います。
  •   3  開発
    開発作業を実施します。下請け発注を行わない一社完結で実施します。
    開発中に発生するご要望やご質問にもスピーディーに対応できる体制です。
  •   4  テスト
    プログラムごとの「単体テスト」、プログラム同士のつながりを見る「結合テスト」、システム全体の動きを見る「総合テスト」等を実施します。仕様書などを再確認しながら、もしもミスが見つかったら、修正をしていきます。
  •   5  納品
    完成したサイトをご確認頂きます。
    また必要に応じて手直しを行います。
  •   6  リリース
    サイトを公開します。
    公開日は任意のタイミングをご指定頂けます。
  •   7  サーバー運用・システム保守
    納品後も引き続き保守サービスを提供致します。弊社は技術者の人材派遣や客先常駐は行っていないため、開発終了後のメンテナンスも同じチームが対応しやすい体制です。開発後の保守対応も安心してお任せ頂けます。

プロジェクトを成功に導くには...

新規WEBサービスのスタート地点である、受託開発がうまくいかない理由のほ とんどは、ゴール設定の違いからくる、コミュニケーションのずれにあると考え ています。。

まご担当者が考えているこういう事業を展開したいという想いを理解しないままに 、プロジェクトがスタートしてしまいますと、システム開発・納品をゴールにし て、提案・作業を行う人たちと、事業の成功を考えて取り組む人たちでは、おな じプロジェクトにいながら、見ているゴールが微妙にずれてしまいます。

そのゴールのずれが、コミュニケーションのずれやアウトプットのずれなどに繋 がってしまい、結果として、むだな作業が増え、お互いの作業工数が膨れ上がっ てしまい、疲弊感漂うプロジェクトになってしまう可能性が高いのです。

だからこそプロジェクトのビジョンや目標の共通認識を持つことが大事だと考えます。

Reliability